■ブログ 「遊庵 藏日記





















平成23年3月11日に発生致しました東日本大地震により被災された皆様に、謹んでお見舞申し上げますと共に、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。


共に創業百年を迎える、気仙沼「男山本店」と復興への歩みを進めます。

昨年の東日本大地震以来、さまざまな支援活動の中、「男山本店」が創業百年と知りました。奇しくも、当工房も今年百年を迎えました。
私どもも未だ復興途上の身、大きな事は出来ませんが、共に復興に向け百年を記念しコラボ 販売を致します。
百年目の仕込み酒「蒼天伝」。能登半島地震の折に解体した蔵のハリ材を蘇らせた復興杯にて お楽しみ下さい。

復興杯 星に願いを 応援予約受付中
         口径5,8cm 高さ6cm
 1客¥16,800 (税・送料込み)
「男山本店」のお酒「蒼天伝」4合が一本付きます。
価格は「いろは」の語呂合わせ。物事の始め希望の第一歩


4年前の能登半島地震の折、解体した蔵のハリを杯として蘇らせた品、呑む度に東北に思いを馳せて下さい。
模様は銀河に復興の願いを込めた流れ星。
お酒を頂く折には、ご自身の願いと共に、復興の願いを添えて頂ければ幸いです。
お申し込みはメール又はお電話で工房まで。
尚、売上の一部は、陸前高田「奇跡の一本松」保存活動への支援金とさせて頂きます。


私たちは知っています。復興の道のりの永さを

 平成19年 3月25日の朝9時43分。能登半島地震。
輪島は、甚大な被害を受けました。

  日本全国から寄せられた支援・励ましに支えられ輪島は 今も復興の道を歩んでいます。今回の地震に際し私たちも 出来る限りの支援を、との思いでいっぱいです。

 ただ私達自身復興への道はまだ半ば、今も当時の借入金が重くのしかかっています。 そんな中で、今私たちに出来る事。それは、小さくても永く復興の歯車として回り続け、支援の思いを持ち続ける事と考えています。

今の思いを、被災者を、10年後も忘れないで下さい

 支援、応援の輪も大きく広がりマスコミも連日大きく報道しています。でも、いつかそれは細ります。本当の復興のつらさは、支援の思いが薄れた時から始まります。

 3年・5年そして10年後。能登半島地震とは比べ物にならない被害の大きさを考えると、もっと長い時間がかかることでしょう。

 こんな時に高価な輪島塗?ぜいたく!の声もあるかもしれません。

 ただ支援の思いを形に残し、日々の食事で手にとるたびに、この震災、被災者に思いをはせて頂くことがあれば、きっと永い支援の一つになると信じています。




応援予約受付中:ふっくら小丼 山幸・海幸
   各一客¥18,900(税・送料込)
     (人のお役に、語呂合わせで定価よりお安く)

先日ネットで見た報道。のどかに見える写真ですが、悲しみ、苦しみ
そして不安が隠れています。津波の塩害。除塩したがどれだけ収穫出来るか。
美味しいお米になるだろうか。不安と希望が交錯します。
 実りの秋、お米が収穫出来たときに買ってあげたい。

そう思うのは私だけでしょうか。そして三陸の海に、再び大漁旗が、豊な海の幸を。
 日々このお椀を手にするたび被災地に思いを馳せて頂く、それはきっと永い支援の一つになると信じています。

 1客につき\4,000相当、それぞれ東北のお米や海産物のプレゼントが付いて参ります。
 全国で支援販売花盛りですが、単に東北産品だからで無く、本当に被災から立ち直ろうとする人達にこそ。
又、今はまだ出られないと言う人達に。そんな経験ゆえの思いと、人の絆からの声で産品を選ばせて頂きます。
 ただ、思いだけで米100袋、東北へ買いに行く訳には参りません。少しでも予約販売したいと思います。
どちらかお好みでどうぞ。是非、ご理解・応援宜しくお願い致します。
(但し、選考基準により、義捐金又は能登産品に変更になる可能性があります)



ふっくら小丼 山幸&海幸
         口径12cm 高さ7.5cm

 大振りで小丼や飯椀、豚汁など具沢山の汁物そして
煮物・お雑煮・麺類などにも、一器多用のお椀です。

 山幸には稲穂(内模様に種モミ)、海幸には波に海松貝
(内模様に海草)の沈金をほどこしました。
伝統工芸沈金師 前古孝人氏の作歴証明書が付きます。

特製の剣先極上乾漆箸付

箸も特製。驚きの箸先の細さ、手のひらで 体感下さい。つまみ易く、米一粒も残さぬ願いを込めました。





※この商品は予約販売です。お届けは9月中旬〜10月頃となります。
 予約受付期間:H23年7月15日〜8月末日
※お申込みは、住所・氏名・電話番号・商品名・個数を明記の上、メール又はFAXにて、お願い致します。又、輪島工房ショップでもご覧・購入頂けます。
※ご注文・発送は日本国内に限らせて頂きます。
※商品につきましては登録の上、修理など工房にて承ります。(原則有料)
お申込みの際に予約前受金¥8,900ご送金頂きます。残金1万は、商品完成後ご連絡致します。






復興第一章 きずな椀&きずな盃
  重要無形文化財きゅう漆保持者(人間国宝)
              小森邦衛作
   販売価格:¥25,000(税・送料込)
  本作品は完売致しました。ご協力感謝申し上げます。
  追作につきましては、工房へお問合せ下さい。




尚、義捐金¥150,000は日本赤十字へお送りさせて頂きました。
 右、領収書を添えご報告方々御礼申し上げます。




復興 きずな椀
 汁椀 黒溜木目

   口径11.8 高さ7cm

ケヤキの木目を生かした普段使いのお汁椀。ふっくらとした形が手になじみます。



復興 きずな盃
 猪口 洗朱木目

   口径6.2 高さ4cm

柔らかな朱色が酒卓に映え心なごみます。応援の思いにて東北のお酒楽しむも良し。





重要無形文化財きゅうしつ保持者
    (人間国宝)
小森邦衛氏


作品には、右の作歴が一品一葉
添付されます。

拡大クリック

今回のきずな椀・きずな盃をスタートに、工房では今後毎年チャリティの形で、支援頒布販売を続けて行きたいと考えています。又、輪島工房ショップにても継続して義捐活動に取組んでまいります。

 今の被害に義捐金を出してすむ訳ではありません。永い戦いです。出来る事から始め、続けることが大切です。

 私たちは自らの復興に合わせ、支援し続けます



 

輪島 松本石太郎漆器工房 yujin@wajimajapan.jp